エンジニアとして現場でスキル不足を感じたら【問題なし】 | 地方でまったりエンジニア

エンジニアのキャリア

エンジニアとして現場でスキル不足を感じたら【問題なし】

スポンサーリンク

こんにちは、いとうです。
今回はエンジニア転職したはいいものの、現場の業務についていけなくて辛い。と思っている方向けへの記事になります。

未経験からのエンジニア業務は辛くて当然

業界未経験から実務にありつけたものの、スキル不足でまともに業務を進められない。ミスが多い。上司やリーダーに責められる。というなんとも辛い思いをしている人って多いと思います。

紛れもない事実からお話しすると、現場ごとの違いはあれど全くの未経験からエンジニアとして業務を行うことになった場合。慣れるまでは相当大変だと思います。

業務だからいい加減なものは当然作れませんし、お客さん(納品先やサービス利用者)に提供して恥ずかしくないものを作る技術も持ち合わせていないと思うので無能感を味わうことになります。

開発業務はもちろん、テストや資料作成だって上司や先輩に指摘をくらいながらじゃないと一人で業務を進めることもおぼつかない状態のはず。

なので、辛いと思うことはあなたが落ちこぼれているわけでもなんでもなく、ごく普通のことだと認識してください。

私も異業種からプログラマに転身した身ですが、未経験から業務をこなせるようになるまでは他業種に比べても難しいと思います。

エンジニアは初心者に無駄に厳しい

悪口をいうつもりはありませんが、学校を出てからエンジニア一本でやってきたような生粋のエンジニアのみなさんは割と初心者・未経験者に厳しく接する方が多いです。

これは他業種ではあまり見られない特徴のように思います。

もちろん中には良い人もいるけれど、新卒一年目の子に対しても「初心者ってわかってるのにそこまで言う?」と思うような責め方をしているシーンも何度も見てきました。

でも理由を考えたらなんとなく合点が行く部分もあります。

今でこそ、未経験・文系からITの世界で仕事をする人は多くなりましたがエンジニアというのはひと昔前までは理数系の専門職。
学校で専門知識を学ぶor新卒からみっちり知識を詰め込まれた人たちが就く職業でした。

さらにはプログラムに限らず、書類等の成果物に対しても誤字脱字、フォーマットについても厳しく指摘、追求されてきた人たちです。

理系でもなければ平均的なPC操作もおぼつかない初心者はスキルも未熟、間違いも多い。専門用語が分からないから業務上のコミュニケーションもスムーズにできない。

となれば「そんなスキルでこの業界に入ってくるなよ!」とイライラするのもある意味しょうがないのかもしれません。
(個人的にはただでさえ人手が少ないこの業界で自分たちの首を絞めているだけにも見えてしまいますが。)

その点だと、異業種からエンジニア転身したような人たちは比較的未熟な初心者エンジニアにも理解がある気がします。やはり自分も苦労してきた部分と重なるところがあるからでしょうか。

酷い対応を受けるようなら逃げてOK、日々の作業に集中しよう

SIerの業界なんかだと「スキルがないやつに人権はない」という考えを持っているエンジニアは一定数います。ただ、あなた自身がその考えに染まる必要はないです。

やるべきことは「日々の作業・タスクに集中してスキルと経験値を積む」これだけです。

スキルがなくて満足に業務をこなせないのはしょうがないです。ただ、そのせいで辛く当たられたとしてもショックを受けたり悲観する必要はありません。

スキルなんて真剣に業務に当たっていれば遅かれ早かれ伸びていきます。
あまりにも職場での待遇が酷くなるようであれば、その現場(職場)を逃げるのも一つの手です。

特にスキルが未熟なうちの客先常駐の場合なんかは外注されたエンジニアが悪者にされがちです。(仕事を貰っている側の立場は弱いです。。。)

客先常駐であれば、わざわざ転職しなくても自社の営業に「現場での扱いが酷くて辛い、このまま続けるなら退職したい。」というニュアンスを伝えれば。まともな会社ならその現場から引き上げる対応をしてくれるはずです。

続けられるなら業務を頑張ってスキルを伸ばしたほうが良いですが、心がやられてしまったら回復するまでが大変です。

そうならないように一旦逃げましょう。

まとめ:スキルアップが期待できないくらい酷い状態なら逃げる

上記であまりにも辛いなら逃げようと書きましたが、僕の場合は独学→実務経験にありつくまでに相当苦労したので開発業務をやらせてくれるならどんなにヤバイ環境でも大歓迎という感じでした。
(実際は最初の現場でめちゃくちゃ優しくしてもらえたので、この業界に希望が持てました。)

未経験者が開発業務を行なってもまともに戦力になれませんから、実は業務をやらせてもらえるだけでもすごくありがたいことではあるんです。当たり前だと思ってはいけません。

ただあまりにも業務についていけなくて、上長にはいびられて居心地が悪すぎて病んでしまいそうだ。という場合は迷わずに逃げたほうが良いです。

私も今でもたまに酷い現場に出くわすことはあります。(常駐先のプロパー社員さんが急に出勤しなくなって休職→退職というケースも何度も見ています。)

耐えればスキルがつく環境なら耐えたほうがいいですが、別に逃げても次の仕事は見つかります。



スポンサーリンク

月額¥9800でエンジニア転職を目指す『Freeks(フリークス)』

巷には様々なプログラミングスクールが存在していますが、エンジニア転職には高額なプログラミングスクールは不要だと思っています。

就職サポート&実務経験3年以上の現役エンジニアがメンターにつき、模擬プロジェクトまで経験できるカリキュラムが『Freeks(フリークス)』なら月額¥9800で受講可能です。

エンジニア転職のために何年もプログラミング勉強に費やすのも効率が悪いです。


初期費用、最低契約期間等が一切ないので、教養としてのプログラミングを学びたい方やプロのエンジニアを目指す方におすすめです


半年~1年くらいサクッと学んでITスキルを身につけましょう



今すぐ無料説明会を予約!月額9800円で通い放題のプログラミングスクール【Freeks】

-エンジニアのキャリア

© 2021 地方でまったりエンジニア Powered by AFFINGER5