【2019】ロースキルエンジニアは供給過多ですが実力をつければ良いだけです | 地方でまったりエンジニア

エンジニアのキャリア

【2019】ロースキルエンジニアは供給過多ですが実力をつければ良いだけです

スポンサーリンク

今、文系学生やIT未経験社会人からでもプログラマ、エンジニア就職を目指している人がめちゃくちゃ多いのを肌で感じています。

実際、未経験からでもプログラマ含むエンジニアに転職することは全く難しいことではないのですが。実際の現実とこれから挑戦する人とで業界の認識が違っているようなので注釈を入れて行きたいと思っています。

エンジニア不足は事実だが、未経験者は求められていない

よく、IT人材、エンジニア不足は深刻でこれからも需要は増え続けるのに人材が追いついていない。

というこを聞いたことがある人も多いと思います。


ITエンジニアは人材不足?2020年問題って何?人材不足の理由や原因は?
https://arma-search.jp/article/talent-shortage

実際問題それは事実ですし、僕が今WEBアプリ開発業務に携わっている現場でもマネジメント側の人たちは案件に参画してくれるエンジニア探しで四苦八苦しています。

今は最低でも一人のエンジニアを発注するのに企業は最低でも月5,60万は払わないとまともなエンジニアは来てくれない感じですね。

優秀なエンジニアレベルであれば80~100万でも相場的には特別高くはありません。

それだけ開発を円滑に進めてくれるエンジニア、プログラマが不足しているのです。

一方でそれだけ人材不足が叫ばれている業界でも、今のところ未経験者には容易に飛び込みにくくなっている現状も合わせて伝えておきます。

同じく人手不足で困っている業種は他にもありますが、IT系や開発業務に関してはその中でもとりわけ未経験者には優しくない業界だと思っています。

未経験者だと一人で業務を進めていくことができない

もしもあなたが全くプログラミングに関しての知識が無かったとして、

「入社してくれてありがとう!明日からこういう機能の開発プロジェクトに加わってシステムを作ってね!」

と言われても「作れる訳が無い」と思う人がほとんどだと思います。

「プログラミングの研修するなり、誰か教えてくれる人つけてよ!」

と思うのが普通だと思います。

他業種だと例えば簡単に座学で説明した後、実際に業務やっている姿を見せて。
長くても一週間くらいすればマニュアル通りにやればできるところだけでも部分的に任せられて仕事を進めていくことができるようになると思います。


ところがこういう全くの未経験者を戦力にするまでには他業種とは比べ物にならないくらい教育コストがかかるんですよね。


ITの分野は専門用語が多く、用語の意味を聞いてもそもそも概念自体を理解しなければ話が通じないことも多いですし。

覚えることが多いのでそれだけでも時間がかかりますし、プロジェクト特有の癖があったり、そもそも一度教えたくらいで未経験者が覚えられるなら苦労しないので業務を進められるレベルまで理解するのにもかなりの時間を要します。

どれだけ詰め込んで教えたとしてもその人が戦力として開発を進めて行けるのに2~3ヶ月はかかると考えていた方がいいと思います。

IT業界は転職は割と当たり前ですから、その間に離職されたり、あまりにも適性がないと判断されたら企業側とすればその教育期間も無駄になってしまいます。

今だとエンジニアは気軽に独立できる時代なのでその意味でも企業側が教育にかけたコストを回収できないリスクは高くなっていますね。

企業だって魔法が使えるわけじゃないので、戦力にならないエンジニアをどれだけ育成しても利益が減っていくだけですから。

※この変を勘違いして「企業は搾取してるんだから、入社して嫌になったらすぐ辞めてもお互い様だ!」と言うTwitter民がいますが、いつかバチが当たればいいのに( ˙-˙ )と思っています。

あと、エンジニアにはやたら上から目線な人が多い

構造上未経験から仕事をするのが難しい上に、何故だかスキルが低い人に対してやたらと厳しいのがこの業界の人たちでもあります。

「こんなことも分からないのか」

的なニュアンスの発言はかなり聞くことになるんじゃないでしょうか。

自分だって最初は分からなかったはずなのに、そう言われて嫌な思いしたはずなのに何故なんですかねあれ??( ˙-˙ )?

言われてもあなたは悲しみの連鎖を止めて初心者に優しくしてあげてくださいね。


ロースキルのうちは変に待遇に期待しないこと

未経験者からプログラミングを勉強する人はいっぱいいますが、それで就職前の理想を叶えられた人はごくごく一部です。

今は未経験OKの求人に応募するロースキルエンジニアは山ほどいるので企業もそこには苦労してないんですよ。欲しいのはまともに一人のプログラマとしての仕事量をこなして行ける人材。

そんなこともあって、エンジニアに転職しても最初のうちは待遇に期待しない方がいいです。


上を見れば凄い金額をもらってる人たちばかりに目が行くかも知れませんが、普通に考えれば全くの未経験のうちはやれる仕事量なんて他業種の新卒にも劣ります。

最初のうちは生きて行けるお金をもらって満足しておきましょう。

と言っても、ちゃんと然るべき業務をこなしてスキルを身につけて行けば収入をあげることも働き方を選んで行くのも難しいことではありません。

こんな恵まれた仕事は他にないと個人的には思うので真っ当にスキルをあげていきましょう。

スポンサーリンク

月額¥9800でエンジニア転職を目指す『Freeks(フリークス)』

巷には様々なプログラミングスクールが存在していますが、エンジニア転職には高額なプログラミングスクールは不要だと思っています。

就職サポート&実務経験3年以上の現役エンジニアがメンターにつき、模擬プロジェクトまで経験できるカリキュラムが『Freeks(フリークス)』なら月額¥9800で受講可能です。

エンジニア転職のために何年もプログラミング勉強に費やすのも効率が悪いです。


初期費用、最低契約期間等が一切ないので、教養としてのプログラミングを学びたい方やプロのエンジニアを目指す方におすすめです


半年~1年くらいサクッと学んでITスキルを身につけましょう



-エンジニアのキャリア

© 2021 地方でまったりエンジニア Powered by AFFINGER5