SESのエクセルエンジニアで終わらないために | 地方でまったりエンジニア

エンジニアのキャリア

SESのエクセルエンジニアで終わらないために

スポンサーリンク

IT企業になんとか入社できたとはいえ、スキルもなくこなせる案件はプログラミングに関係ないエクセルで資料を作成するものばかり・・・。 エンジニアとしての市場価値も上がらないし将来が心配、このままで大丈夫かな。。。

今回はこんな心配の解決策についてお話します。

僕は過去に全く異業種のドライバーから転職して今はプログラマとしてWebサービス、ゲーム開発、スマホアプリ開発等をやっているのですが、最初にIT業界に入った頃はプログラムを全く書かない作業をこなしていました。

今回はその経験からロースキルエンジニアや非プログラマのIT業務従事者がスキルアップしていくためのお話をしていこうと思います。

未経験でも仕事ができるSES業界の仕組み

全くの未経験の方がIT業界に転職する場合。大半の方はいわゆるSES(システムエンジニアリングサービス)の形態の企業に入社することになるのではないのかなと思います。

SES企業とは、正社員でありながら他社の現場に出向して業務を行う形態の仕事です。

自分の会社の中で同僚と仕事を行うのではなく、決まった期間他社へ出向してそこの社員の方と一緒に仕事を行います(自社の同僚数人と同じ現場に入るパターンもあります。)

通常、プログラミング等のITスキルを必要とする自社開発の業務では未経験者はまともに仕事をこなしていくことはできません。

全く開発の知識のない状態から業務を一人前に進められるようになるまでにはかなり時間がかかります。 そして、そのような人材を大量に抱えると小さな会社は普通赤字になります。(利益を挙げられない社員にも毎月給料、社会保険料等を支払わなければならないため)

でも、経営にそこそこ余裕のある会社の場合、「IT業界未経験者でも長く協力してくれるならウチの現場に受け入れてもいいよ~、これからバンバン仕事取ってくつもりだからね!」と他社から派遣される社員を自社のプロジェクトに参加させる、ということがこの業界ではよくあります。 それはたくさん仕事を受注したり、事業拡大を見越してのことだったりと色々ですが、協力会社と良い関係を作っておくといざ人員が欲しい時に役立つこともありますからね。

その場合、社員を派遣する会社は派遣先の会社から月額数十万円〜というお金を受け取ります。(いわゆる月単価とか人月商売と呼ばれるものです。)

自社で抱えるとスキル不足で活躍するのが難しい人材でも、猫の手も借りたいIT現場へ貸してあげることで会社は利益をあげることができます。

一見未経験でも活躍できるし、いい業務形態のように見えますが、デメリットは多く、エンジニアからは敬遠されていることも事実です。

なぜかと言うと、外注のエンジニアの場合、スキルアップに繋がるような業務はなかなか任せて貰えないからですね。 当たり前ですが、どんな会社も他社のエンジニアを教育するよりも自社の社員を育てたいと考えています。

スキルが身につくような仕事があれば、外注のエンジニアに作業を振るよりも自社の若手エンジニアにその作業を振りたいですよね。 (具体的には、自社の社員には多少時間がかかってもプログラミングをさせて開発を経験させるけど、SESの外注エンジニアにはテストだけをお願いする。等)

冷たいとかじゃなく、組織なら当たり前のことだと思います。 そのためSESのエンジニアは市場価値が高まるような業務は与えられづらく、雑用的な仕事が多くなります。(既に専門知識がある人はその限りではありませんが)。

結果としてエンジニアとして成長するためのチャンスが少なくなりやすいですよね。

 

SES企業勤務自体を悲観することはない

上記のように何かと評価の悪いSES企業ですが、個人的にはそこまで目の敵にしたり、SESに就業しているからといって全く悲観する必要はないと思っています。

なぜなら、ITの現場で働いているだけでもエンジニアとしてのスキルは確実に上がっていくからです。

冷静に考えると、曲がりなりにもITの現場で一日8時間業務するって駆け出しや勉強中の身の方からするとめちゃくちゃ羨ましい環境のはずです。 本件とは話は別ですが、テスターでも、ちゃんとテスト仕様書から作れる人は貴重ですからね。 その状態で、今だったらプログラマやインフラ部門などで待遇が良いポジションにシフトいくことは難しいことではないと思っています。

未経験者のSES社員の場合、就業してすぐにインフラの構築を行ったりバリバリプログラミングできる。ということが可能なケースは少ないと思います。

大半はネットワーク、サーバの監視、開発現場でのテスト、エクセルを使用したドキュメント作成なんかがメインになると思います。

確かにこれらを行うだけでは重宝されるエンジニアになることは不可能なので、業務とは別にプログラミングやIT知識全般についての学習を並行することは必須だと思います。

しかし、開発の進め方、DosコマンドやLinuxコマンドの使い方、データベースの仕組みなどプログラミング以外の様々な周辺知識を業務で学ぶことができます。

僕はもともとは病院の情報システム部という部門にSESとして常駐していて、そこでは全くプログラミングを行うことはありませんでした。 業務では病院内から電子カルテ操作の問い合わせを受けたり、院内のシステム不具合が起こったらサーバーのログを取得したり、ネットワーク機器、サーバーの監視などの業務を行っていました。(夜勤もあり大変でした。)


それらの業務自体、プログラミングそのものの習得には関係ありませんでした。 しかし、当時IT未経験の僕にとってはExcelの扱い方、Windows端末のショートカットキー、SQLなどのプログラミング以外の部分をたくさん学ぶことができて本格的にプログラマに移行する際にそれらの知識は役立ちました。

病院のHPも更新していたので簡単なHTML、CSSの知識も身につきましたね。

(夜勤で業務が落ち着いているときは 「サクラエディタ」というテキストエディタでJavascriptのコーディングをして勉強していました。Javascriptだと環境構築不要なので)

エンジニアは問題解決のプロセスをうまく踏めるかが大事、SESでも現場経験は必ず役に立つ

僕は常々、プログラミング含むITの知識は問題解決の手段の一つに過ぎないと思っていています。

仮にプログラミングの知識が乏しくても資料作成が上手、不備が少ない、トラブルの際の原因を切り分ける工程を順を追って考えられる。などの能力があれば第一線で活躍していくことはそこまでハードル高くないです。

逆に全くの未経験から直接プログラマになろうとすると(全然いいんですが)そもそも現場のエンジニアの放つ言葉の意味がわからず苦労するはず。 そうすると最初から「こいつ使えねーな」と悪いイメージをもたれかねません。

Progateや入門書をやったレベルだとおそらく業務を行うエンジニアとしては全く使い物にならないので、プログラミング以前のITスキルが欠落していると思います。

※開発現場は基本的に時間と納期に追われていて、じっくり優しく教えてくれるエンジニアは少なかったります。。。悲しい。。。


そういう意味でもSES企業のエンジニアは、確かに最短ではなく遠回りではあるものの最終的に現場で役立つスキルを身につけられる環境であると言えます。

まずは今の現場で吸収できるものを最大限勉強し、理想のIT技術者を目指していければ未来は明るいです。



【アクションを起こすこと】現在の作業を続けているだけでは先は見えない

現在の作業を一生懸命こなせばITスキルはどんどんついていくかも知れませんが。それだけでは先は見えません。 やはり何かしらのアクションを起こすことは必要です。 考えられることはこの3つです。

1.現場を変えてもらう(ポートフォリオがあると良い)

2.転職する(慎重に行う事)

3.フリーランス独立する(手っ取り早く収入を上げたい人向け)

詳しく解説していきます。

現場を変えてもらう

転職やフリーランス独立を考えるのも良いと思いますが、まずは今の会社で現場を変えてもらうのが手っ取り早いです。

SESの難点は客先に出ることですが、逆にメリットでもあります。

嫌な現場に当たってしまったら期限を決めて退場することができます。 退場したい場合は自分から客先に話をすると揉める可能性があるので、必ず自社の営業担当を通して伝えるようにしましょう。

退場したい旨を伝えるとともに、「次の案件では開発をやりたい」という意思表示をすることが大切です。 ここでの注意点として、今の業務が嫌だとただ言うだけでは子供のわがままです。 「開発業務未経験だけど、ここまで作れるんだぞ」ということをアピールするためにもポートフォリオを用意したり、GitHubにソースをアップしたりしておきましょう。

当然、個人で勉強していてある程度の開発スキルが身についていることが前提です。 もしもまだ、見せられるような物が作れていないのであれば作りましょう。 一人で完成させる自信がなければ月ウン十万円もするプログラミングスクールに通う必要はないので、月9800円で気軽に利用できるFreeksでメンターに相談するのがおすすめです。

【Freeks】月額9800円のプログラミングスクール

転職する

前提として、個人的には安易な転職はおすすめしたくありません。

SESで開発経験もなくて雑務のような作業ばかりしかやってきていなければ選べる企業は少ないと思います。 それでもタイミングよく条件の合う会社の求人があったり、明らかに今よりも学べることが多いと分かった場合は検討してみるのも手です。

しつこいかもしれませんが、転職自体は書類を準備したり選考に参加したりと何かと労力もかかります。(その時間で勉強してた方がマシだったという場合も)

もしも今より環境が悪くなったら目も当てられないので本当に現状よりも良い方向に進むことが分かったときだけにしましょう。

フリーランス独立する(手っ取り早く収入を上げたい人向け)

仮にロースキルであったとしても、やはり最前線の現場に出ることが一番成長に繋がります。

SES企業だとどんな案件に入るかは会社主導になってしまいますが、独立してフリーランスのエージェント等を頼るとまず案件単位での参画になるので「希望と違った!」ということはほとんどないはず。

デメリットとしてはやはり経験してきた業務についての案件が紹介されることになるはずですので、あまりにもスキルが低いとまともな案件は見つからない可能性があります。

単価も最低でも40万円以上でないと独立するメリットは殆どないと思うのでこちらも慎重に 首都圏ならレバテック、地方ならPE-BANKにまずは相談してみるのが良いと思います。

フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス

地方展開のフリーランスエンジニア案件紹介エージェントのPE-BANK

 

まとめ: たとえ現在開発に関わっていなくても、プログラミング以外のITスキルを身に着けることは可能なのでしっかり学ぼう

ロースキルのうちの安易な転職活動やフリーランス独立はおすすめしませんが、会社で現場の配置転換の交渉が難しければ検討してもOKです。

また再度の説明になりますが、SESである程度IT周辺知識を学べたらプログラミングの習得も開発業務も容易になります。 現場で学びつつ、自宅での独学にもしっかり活かしましょう。

スポンサーリンク

月額¥9800でエンジニア転職を目指す『Freeks(フリークス)』

巷には様々なプログラミングスクールが存在していますが、エンジニア転職には高額なプログラミングスクールは不要だと思っています。

就職サポート&実務経験3年以上の現役エンジニアがメンターにつき、模擬プロジェクトまで経験できるカリキュラムが『Freeks(フリークス)』なら月額¥9800で受講可能です。

エンジニア転職のために何年もプログラミング勉強に費やすのも効率が悪いです。


初期費用、最低契約期間等が一切ないので、教養としてのプログラミングを学びたい方やプロのエンジニアを目指す方におすすめです


半年~1年くらいサクッと学んでITスキルを身につけましょう



-エンジニアのキャリア

© 2021 地方でまったりエンジニア Powered by AFFINGER5