【卵、ニワトリ問題】エンジニアとして働くためには実務経験が必要な理由 | 地方でまったりエンジニア

エンジニアのキャリア

【卵、ニワトリ問題】エンジニアとして働くためには実務経験が必要な理由

スポンサーリンク

いとう!( ˙-˙ )です。

もしこれからプログラミングをやって食って行きたい、と思われている人であれば。

ネット上で

「未経験からエンジニア〜」 

みたいな広告を見たことがあるかもしれません。

アルバイト等の求人情報とか、就活、転職サイト等でもよく「未経験歓迎!」みたいな記事を目にすると思います。

若い年齢層の人であればあるほどこの「未経験」というワードにあまり違和感を覚えないと思いますがITエンジニア、プログラマとして就業したいのであれば未経験からエンジニア転職とは一体どれだけハードルが高いものなのかを理解しておいた方がいいと思います。

※怖がらせるつもりはありません。当ブログは未経験からIT系へ進まれる方を応援しています。

ネクタイのアイコン素材

はじめに:

大前提として・・・( ˙-˙ )

プログラマが人手不足なのは事実だが、今すぐ仕事で使えるプログラムを書けない人は欲しくない

ことを理解しておくといいと思います。

これは業界特有かもしれません。ほとんどの企業はいくら独学でプログラミングをしていたとか、プログラミングスクールに通っていたとか、自分でアプリを作って見ました。とか、これから一生懸命勉強します!

とか並べられても。

「自分の書いたプログラムでお金もらったことある?」

「チームで開発した経験がある?」

ということをものすごく気にします。

要は、即戦力になってくれる経験者だったらいい待遇で迎えたいが、

わざわざ未経験者を一から教育はしたくない。

ということです。

他の職種の人からしたら

「人手不足で人が欲しいって言ってるくせに、なに上から物言ってんだよ!」

と思うかもしれません。(※僕もそう思います。。。)

ただ、これはちょっと企業に同情する部分もあるんですよね。

というのも、未経験者を雇ったものの入社後数ヶ月研修を行ったくらいだと。

成果物を納品するための開発メンバーに入れるには全然スキルが足りないんですよ。

当然、HTMLとCSSが少しわかって画面がいじれる程度とかだと仕事になりませんし。仕事になっていない期間も給料は発生しますし、その未経験社員を教育するためには知識のあるエンジニアが時間を割いて教える必要もある訳です。

ただでさえ予算が決まっていて、納期もあって人員が限られている中。

未経験者を教育させることは企業にもかなりのリスクがあります。

その労力をかけて優秀なエンジニアに育ってくれたらまだいいですが、プログラミング自体が合わなくて精神的に潰れてしまう可能性もあります、また現代では戦力になる程度までスキルアップした途端。

もっといい条件の会社に転職されたりフリーランス転身されたりする可能性も高いです。

そういうこともあって企業は「すぐに目先の利益を出してくれる経験者」だけを求めているわけです。

目先の利益を確保してくれたら後々会社を辞められてもまだ許せますしね。

ちなみに地方になればなるほどこの傾向は強く、東京近郊はまだマシと言った形です。

スキルが不十分だからこそ、いい環境で実務経験を積みたいのにそのためには実務経験が必要という卵が先かニワトリが先かみたいなことになっているのが現状日本のプログラマ事情です。

そういう意味では理系新卒でエンジニアになってしまうのが一番堅いです。

では文系社会人には希望はないのか?

じゃあ、全くのIT未経験の既卒社会人は諦めたらいいのか?というとそういうことではありません。そもそも僕もそっち側の人間ですので

ただちょっと気合いを入れる必要はあります。

エンジニア転身を決めるためには下記が再現性高いんじゃないかなと思います。

①関東で探す

僕も地元に残っていたかったクチなのであまり言いたくはないのですが、地方と首都圏では本当に国が違うレベルで開発の仕事の数や賃金に開きがあります。

大阪、名古屋、福岡あたりの地方都市だったら比較的案件は多めなので希望はありますが確実ではありません。いずれ地元に帰りたいことは隠しつつ面接を受けましょう。

②あえてSES企業を狙う

SES企業とはシステムエンジニアリングサービス、いわゆるエンジニアの派遣、客先常駐で利益をあげている形態の企業です。

自社内で開発する企業とは違って、放置されてる。案件を選べないなど言われて悪いイメージがありますが下記で紹介する方法を使っていけば逆に利用できます。

自社内開発企業と比べて難易度も低いです。なにせエンジニアを客先に派遣するだけで会社は儲かるシステムなので。

③先輩エンジニアとの抱き合わせ商法で開発現場に入場する

これは②との合わせ技なのですが、SES企業で現在先輩社員が派遣されている現場に一緒に入場するパターンです。

派遣先も戦力にならない未熟なエンジニアを派遣されても迷惑なだけですが、同じ会社から派遣されている先輩社員が教育するという前提だと実務未経験でも開発現場に入れる可能性があります。(僕がこのパターンでした。)

SES企業を受ける際に「スキルが不安なので先輩社員がすでに常駐している現場に入ることは可能ですか?」など確認しておくといいでしょう

当然一生懸命に勉強することが必須です。

おまけ:④多少スキルを盛る

綺麗事ばかりではやっていけないのが人生です( ˙-˙ )・・・。

就職や開発現場に入場する際は面談という形でスキルのヒアリングが行われます。

正直者なあなたは「プログラミングスクールor独学で勉強して簡単なアプリケーションは作れますが、仕事での開発経験はありません。」というかもしれません。

そこで、「ブランクはありますが学生時代既存システム改修のインターンをやっていました」「Wordpressを使って自作テーマを作ったり、ブログのカスタマイズ等をやっていたので画面周りの基本的な構築は問題ないと思います。」等言えれば採用確率は上がるかもしれません。

恥ずかしい話ですが、この業界だとわりとあるあるな話です。

しかし、嘘をつくとあとで苦労するのは自分です。仮に盛ったとしてもやり過ぎず、偽ったスキルに早く追いつくための努力はしましょう。

また仮に入社してもSES企業だとうまいことタイミングが合わず開発案件に入れないこともありえます。

最終的には会社に振り回されず、実力で開発案件にシフトできるようプログラミングスキルを引き上げておくことが大切です。(今は学習ツールがいくらでもあるので)

スポンサーリンク

月額¥9800でエンジニア転職を目指す『Freeks(フリークス)』

巷には様々なプログラミングスクールが存在していますが、エンジニア転職には高額なプログラミングスクールは不要だと思っています。

就職サポート&実務経験3年以上の現役エンジニアがメンターにつき、模擬プロジェクトまで経験できるカリキュラムが『Freeks(フリークス)』なら月額¥9800で受講可能です。

エンジニア転職のために何年もプログラミング勉強に費やすのも効率が悪いです。


初期費用、最低契約期間等が一切ないので、教養としてのプログラミングを学びたい方やプロのエンジニアを目指す方におすすめです


半年~1年くらいサクッと学んでITスキルを身につけましょう



-エンジニアのキャリア

© 2021 地方でまったりエンジニア Powered by AFFINGER5