タッチタイプ(ブラインドタッチ)が1日で出来るようになる練習はこれだった!! | 地方でまったりエンジニア

webマーケティング

タッチタイプ(ブラインドタッチ)が1日で出来るようになる練習はこれだった!!

スポンサーリンク

いとうです( ˙-˙ )!

エンジニアに限らず、PCを日常的に使う人にとってはテキストを打ち込む速さが作業量、成果にダイレクトに影響しますよね。

今回は僕がタッチタイプを身につけるまでに苦しんだことと、なぜなかなか出来るようにならなかったのか。
逆になぜ出来るようになったのかについてお話したいと思います。

今回、タイピングの速度に関しては無視しています

タッチタイプとか、ブラインドタッチと聞くと、
天才エンジニアが画面を凝視しながら

「カタカタカタカタ!!」
「ズダダダダダダ!」

みたいなものすごい勢いで打ち込んでいく姿を想像されるかと思いますが、一旦そのハイスピードタイピングについては無視します。

あくまで、「一日で、キーボードを見ずに標準的な文字入力が行えるようになること」を扱います。

ホームポジションにセットしたのに上達しなかった時代

タッチタイプの基本中の基本として、「ホームポジションに指を置く」ということがよく言われていますね。

「ホームポジション」が何のことなのか分からない人に対して改めて説明しますとパソコンのキーボードには「F」と「J」のキーに出っ張ってる丸いポチがついていますよね。


この「F」と「J」のキーに人差し指を置いた状態を起点として、

左手なら「A」「S」「D」「F」

右手は「J」「K」「L」「+」のキーに親指以外の指が乗った状態のことです。

これを基本の構え(?)としてそれそれの指が左上に重なっているキーを押せるようにするのがタイピングの基本です。

しかし、ちょっと前までの僕はそれをしているのになかなかタイピングが上達しませんでした。

色んなサイトを見てもこれができていれば自然とキーボードを見ずに打てるようになるとあったのですが・・・

大事なのはキーを入力した後ホームポジションに戻すこと

しかしながら先人達の教えは間違っていませんでした。(当たり前)

上記のホームポジションへ揃えて入力することはとっても大事です。

ただ、それだけでは不十分で大事なのはホームポジションから入力した後、

もう一度ホームポジションに戻すことでした。

ホームポジションから動いた指を、また元に戻す。当たり前といえば当たり前のことだと思うのですが案外ムキになって入力しているとどんどん自分の感覚と指の位置がずれて大変なことになるのですね。

出来る人からすると当たり前の事かもしれませんが、練習してるのになかなかキーボードを見ずに打てるようにならない人はだいたいこれができていない気がします。

これが出来ると、どの指の上下にどのキーがあるのかを理解するのがめちゃくちゃ速くなりますよ。

また、この練習をする際には絶対にキーボードを見ないことが大切です。
まどろっこしくなって中途半端にキーを見てしまうと変な癖がつく原因になります(なりました。。)

おまけ

おまけとして、タッチタイプエオ身につけるなら同時にショートカットキーを理解すると非常に効果的です。

他のキーを使っても押せるけど、なるべくホームポジションの中で殆どの操作を片付けられるとさらにスピードアップです。
例えばMacの場合ですが

    null
  • control+D カーソル右側の文字を削除
  • control+H カーソル左側の文字を削除
  • control+K カーソル右側の文字から行末/段落末まで削除
  • option+delete カーソル左側の1単語とその後ろのスペース・句読点を削除
    null
  • control+F カーソルを右へ
  • control+B カーソルを左へ
  • control+P カーソルを上へ
  • control+N カーソルを下へ

このあたりを使うと、遠く離れたdeleteキーやカーソルキーを使わずに操作が行えます。

なるべく全ての操作をホームポジションで行えるのがスピードアップに繋がりますので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

月額¥9800でエンジニア転職を目指す『Freeks(フリークス)』

巷には様々なプログラミングスクールが存在していますが、エンジニア転職には高額なプログラミングスクールは不要だと思っています。

就職サポート&実務経験3年以上の現役エンジニアがメンターにつき、模擬プロジェクトまで経験できるカリキュラムが『Freeks(フリークス)』なら月額¥9800で受講可能です。

エンジニア転職のために何年もプログラミング勉強に費やすのも効率が悪いです。


初期費用、最低契約期間等が一切ないので、教養としてのプログラミングを学びたい方やプロのエンジニアを目指す方におすすめです


半年~1年くらいサクッと学んでITスキルを身につけましょう



-webマーケティング

© 2021 地方でまったりエンジニア Powered by AFFINGER5